慈愛会の方針
1.お子様の健全な育成と遊び及び生活の場を与え、お子様の状況や発達段階を踏まえながら、健全な育成を図ります。
1.お子様の実態に応じて創意工夫を図り、質の向上と機能の充実に努めます。
1.児童の権利に関する条約の理念に基づき、お子様の最善の利益を考慮して育成支援をします。
1.学校や地域の様々な社会資源との連携を図りながら、保護者様と連携して育成支援を行うとともに、ご家庭の子育てを支援します。

慈愛会の基本理念
(育成支援)
お子様が安心して過ごせる生活の場としてふさわしい環境を整え、安全面に配慮しながら子供が自ら危険を回避していくとともに、お子様の発達段階に応じた主体的な遊びや生活が可能となるように、自主性、社会性及び創造性の向上、基本的な生活習慣の確立等により、お子様の健全な育成を図ります。
(関係機関との連携)
常に保護者様と密接な連携をとり、施設内におけるお子様の様子を日常的に保護者様に伝え、お子様に関する情報をご家庭と共有することにより、保護者様が安心して子供を育て、子育てと仕事等を両立できるように支援することが必要。また、お子様自身への支援と同時に、学校等の関係機関と連携することにより、お子様の生活基盤である家庭での養育を支援します。
(支援員の役割)
豊かな人間性と倫理観を備え、常に自己研鑽に励みながら必要な知識及び技能をもって育成支援に当たる役割を担うとともに、関係機関と連携してお子様にとって適切な養育環境が得られる支援します。育成支援について補助する補助員も支援員と共に、同様の役割を担うように努めます。
(社会的責任)
1、お子様の人権に十分に配慮するとともに、お子様一人ひとりの人権を尊重して育成支援を行い、子供たちに影響のある事柄に関して子供たちが意見を述べ、参加することを保証します。
1、支援員及び補助員に対し、その資質向上のために職場内外の研修の機会を確保します。
1、支援員は、常に自己研鑽に励み、お子様の育成支援の充実を図るために、必要な知識及び技能の習得、維持及び向上に努めます。
1、地域社会との交流や連携を図り、保護者様や地域社会に当事業所が行う育成支援の内容を適切に説明するように努めます。
1、子供の利益に反しない限りにおいて、お子様や保護者様のプライバシーの保護、業務上知り得た事柄の秘密保持に留意します。
1、お子様や保護者様の苦情等に対して迅速かつ適切に対応して、その解決を図るように努めます。

平成30年11月作成

はじめまして、慈愛会の松本です。私の娘は、日吉学童コスモクラブ(日吉小学校)に入所していました。
私の本業は不動産業・リフォーム業です。自営業ですので時間の合間に学童の運営や先生方のお手伝いをしていました。携わった2年間で、子供たちと共に成長し、子供の支援に興味を持ち、国が主催する研修や大阪市子育て支援員の資格講習を受けて、今までの子供に対する接し方が間違いだったと気づき、この思いを他の父母とも共有したいと考え、日吉学童コスモクラブの補助員を本格的にさせて頂きました。ただ、子供たちの支援も必要ですが、父母の負担軽減や私の思いが詰まった学童を作るには、前に踏み出さないといけないと思い、西区千代崎に放課後クラブ(学童)を作りました。
方針、基本理念を理解してくれる仲間と共に成長し、子供たちを支援させて頂きます。

代表理事 松本